活動情報

2011キャンプガイド企画

アイスクライミングは、私も初めての体験です。
アウトドアの活動で思うのは、常に新しい体験がそこにある。
そして常に自分の枠を越えてゆく体験があります。 それは自分の可能性を感じる瞬間でもあります。
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

家族キャンプ2010  -Be in the moment 主催-

家族の関係性を自然の中で開放する 日頃、お父さんの役割、お母さんの役割、子供の役割というところに縛られてませんか?

親だって、ひとりの人間。もちろん、子供だってひとりの人間。最近は、親も忙しく、子供も塾やおけいこごとで忙しく、家族でまとまって何かを達成する、やるということが少なくなりました。

家族で、深い自然の中に入って、沢を登り山を一緒に歩いてみませんか?
親は子供の逞しさを見る、子供は親の必死なところを見る。
一緒に体験することで、親子の絆をさらに強めてみませんか?

アウトドアガイドは、登山家の戸高雅史氏。
これまで多くの子供たちや学生たちとともに、自然を味わい、子供の感性を広げる自然体験ガイドを長年活動しています。
NPOファミリーツリーのキッズリーダーシップキャンプでも5年、アウトドアガイドをお願いしています。

Data
日程:
9月11日(土)午前10時山中湖集合〜9月12日午後4時解散
行程:
西丹沢へ山中湖から、徒歩で入り、沢を歩く。大滝周辺にてビバーク(野宿)
翌朝、ゆっくり沢と森を味わって下山。
費用:
一家族55,800円(家族3人の場合:ガイド料、食費、保険料込み)
家族の人数が増える場合、食費と保険料が増えます。
定員:
3家族。残り1家族枠あり。
備考:
天候が悪い場合は、中止する場合もあります。定員になり次第、締め切らせていただきます。

お問い合わせ

2010キャンプガイド企画

  • 富士山スノーキャンプ
    2010年2月18日(木)〜19日(金)
    満員御礼 参加費18000円 山中湖集合解散
    富士山スノーキャンプの様子はブログ記事にて掲載
  • 富士山スノーキャンプ スライドショー
    2010年4月14日(水)
    満員御礼 参加費1000円 新橋のサロン「オフィス銀の鈴」
    スライドショーの様子はブログ記事にて掲載
  • 西丹沢の森
    2010年5月17日(月)〜19日(水)
    満員御礼 参加費31500円 山中湖集合解散
  • 屋久島
    2010年9月27日(月)〜30日(木)
    満員御礼 参加費未定(約8万円程度:現地集合解散)
  • 北アルプス栂池白馬の森
    2010年10月初旬 2泊3日
    定員10名 参加費未定(約4万円程度:現地集合解散)

いずれも、初心者でもOKです。 西丹沢は、森と滝。一部、川の中を歩きます。 屋久島の場合は、沢登りですので、川の中を歩いて入ります。 白馬は、ゴンドラで途中まで登り、そこから3時間ほど森の奥に入ってゆきます。
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

森のガイド

富士山の原生林を歩く

この2年ほど、森へお連れするのをお休みしていましたが、また2009年4月から半年間、ガイドすることにしました。
これまで、ずいぶん沢山の方に「森へ連れて行って欲しい」「富士山に連れて行って欲しい」という要望をいただきました。私の中でも、今年は森をガイドしようという気持ちが出てきましたので、再開します!

富士山の原生林を歩き、富士山の5合目の宝永火口まで行きます。ゆっくり歩いて3時間。初心者でも大丈夫です。

5合目から上は登る人は多いのですが、1合目から5合目の森の中は、あまりいないのでは?とても静かで、深い森。生き物たちの気配、富士山の別の豊かな顔を見ることができます。目的地の宝永火口での時間とスペースは、体の感覚を開きます。

富士山に抱かれ、ゆっくりと自分の内側に入る。自分の感覚を開く。思い切り、深呼吸をして、富士山とひとつになります。登る際に、人生に対しての問いを持って登ると、下山する頃には、不思議と答えが出ています。
富士山と自分の体を体感しよう!

Data
日程:
2009年5月22日(金)〜 5月24日(日)※旅の模様はブログ記事「森ガイド復活」にて掲載
2009年6月 8日(月)〜 6月10日(水)※旅の模様はブログ記事「いのちつながる」にて掲載
2009年7月24日(金)〜 7月26日(日)※天候により中止
2009年9月 4日(金)〜 9月 6日(日)※慧光寺企画「行けるところまでが頂上〜富士登山」
2009年10月2日(金)〜 10月4日(日)
行程:
富士登山日帰りコース(全行程2泊3日)
金曜日:夜9時集合、山中湖別荘にて1泊
土曜日:朝7時出発、8時登山開始。16時頃下山。山中湖別荘にて1泊
日曜日:ブランチ&振り返り、昼過ぎ解散
ルート:
水ヶ塚公園〜宝永第三火口(片道3時間)
費用:
15,000円(ガイド料・宿泊費・弁当代・保険料込み)
定員:
4名
備考:
天候が悪い場合は、中止する場合もあります。それぞれ、定員になり次第、締め切らせていただきます。
お好きな季節、自分のタイミングで、どの日程に参加しても結構です。

お問い合わせ

参加者からのコメント

初めての山、初めての富士山を、会ったこともない人達と行って、野宿するという大胆な旅でした(大笑)
でも、富士の山も、森も、仲間も、受け入れてくれました。富士山に泊まらせていただきました〜*^o~* 感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、この富士山の森を歩く旅。 何を置いて来たのか、何を得たのか、全く言葉になりません... ただ、カラダとココロ、タマシイには確実に刻まれている記憶... 単純に出来事と気持ちを文字にしてみますね...

そう、ビバークが決まってから、 私は富士の森に恋をしていました。 新宿の高速バスが発車してすぐ気づきました。 遠く離れている恋人に会いに行くような気持ち。 わくわく、どきどき、愛おしい、待ち遠しい...
そして、森にしっかり抱きしめてもらいました。 こんな私でも受け入れてくれました。 感謝します。

生きてと言われました。 雲の間を見え隠れするまるい月、 せせらぎの音を奏でる風、たき火の燃える息... その中で聞こえて来ました...

精一杯生きるんだよって富士山は言ってくれました。 暗闇の森の隅々まで響き渡る、月まで届くMasaの歌声、 Masaが叩く太鼓の振動とともに全身に響き渡りました。 予期せぬ涙、幸せの涙、命の涙...

「生かされている」という言葉の意味が理解できたような気がします。 空気はおいしいお料理のように味がありました。 小鳥たちのさえずりは喜びに満ちたものでした。
全てが生きていました。強く、美しく、清く。 森は歓喜にあふれていました。命の喜びでしょ。 生きる実感。生かされている実感。 この命に、今生きていることに、感謝するばかり...

これが愛という気持ちなのかも...って今思いました... あ、繋がっているってこういうことかも(ヒラメキ)

全てを愛する感覚。全てと繋がる感覚。 草、花、虫、獣、人、太陽、月、空、星、風、魂、宇宙...... 目に見えるもの、目に見えないもの、全部。

お家では虫発見で大騒ぎだけど、ここでは、ふーん、いるんだー
動物的直感で生きられたらすごく幸せになれる!そう思いました。

何だか、書いてみると、 私は森に「愛」を教えてもらったのかしら? 「生きること」を教えてもらったのかしら? そんな気がしてしまいますね...(笑)

こうやって、恋人に会いに行ってきました。 恋だと気づきもせずに長い間生きていました。 とっても幸せな旅でした〜 全身痛いですけどね(笑) 命への恋だったのかもしれませんね...

本当に、 まだまだ何が起こったのか、起こっているのか、良く解らない状態ですが、 ココロとカラダは素敵なギフトを頂き、大事なものに気づいているようです。 また、ゆっくり、じっくり、かみしめ、味わいたいと思います。

深謝!

参加者からのコメント

頂上がゴールではなくて、早く目的地に着くことを目指すのではなくて。 自分たちのペースで、雄大な富士山、自然、本当に素敵な人達に囲まれて、「今」を感じながら、一歩一歩、進んでいく。

だからこそ、雲の流れを感じたり、たっぷり水分を含んだコケに触ってみたり、夜の闇や静けさ、炎の安らぎを肌で感じたり、 「あぁ、わたしも生きて居るんだなぁ」「これって、とても幸せなことだなぁ」「感謝だなぁ」と実感できる。 これは、体験してみないと、その場に自分の身体を置いてみないと、言葉だけでは、なかなか理解出来ない。

独立して約2年になるが、周りの知人友人から「フリーランスは、大変でしょう」「駄目になったら、会社にもどればいいじゃない」 と、言われることがたびたびあり、その度に、なんだかしっくりと来なくて。

もちろん、わたし達のことを思っての言葉だと受けとめていましたが、どうして、そんな風に伝わってしまうのだろう、 大変なことも、確かにたくさんあるけれど、でも、それ以上に素晴らしい人達や出来事にたくさん出会えて、わたしは幸せなのになぁ。。 という想いが、いつもありました。

大事なのは、5合目までバスでぶーんと行くのも、3合目まで汗をたくさんかいて登るのも、どちらが正解ということではなく、 選択肢はたくさんということを知り、自分はどの道を選ぶか、自分はどんなふうに感じているのか、ということ。

こうやって、文字にしてみると、至極、当たり前のことだなぁと思ってしまうけれど、 いまは、とても心が落ち着いて、内側からエネルギーがどくどく出てきるかんじです。

本当に、素晴らしい旅をありがとうございました。

キッズキャンプ

夏休み企画キッズ・リーダーシップ・キャンプ

2010年で6年目を迎えるNPO法人ファミリーツリーにて、毎年恒例で開催している夏休み最大のイベント「キッズ・リーダーシップ・キャンプ」。小学1年生から中学3年生まで参加出来ます。

ファミリーツリーは、強く出たり、仕切ったりすることだけが、『リーダーシップ』ではないと考えています。
自分らしくいるだけで、その人ならではのユニークさが誰かに影響を与え、グループに貢献しています。そこにいる一人ひとりが生まれながらの「リーダー」だ、という考えに基づいてこのキッズ・リーダーシップ・キャンプは創られています。葛藤や悔しさや成功や失敗の中から、「そのままのじぶんにOK」を出すこと。そして、「周囲の仲間にもOK」を出すことが「リーダーシップ」を育みます。

このプログラムでは、安全管理の介入以外は、スタッフはほとんど指示や口を出しません。できる自分、できない自分、仲間とのつながり・・・。ゆっくりと自分や仲間を味わう3泊4日を過ごします。ケンカやさまざまなぶつかり合いも起きます。そういう時こそ、子どもたちの中にあるリーダーシップが芽を出すチャンスです。

Data
日程:
前期 2010年7月30日(金)〜8月2日(月)(3泊4日)
後期 2010年8月20日(金)〜8月23日(月)(3泊4日)
※2009年キッズキャンプの模様はブログ記事にて掲載
場所:
慧光寺(山梨県忍野村)とその周辺
※ビバークの場所は天候により変わります。
対象:
小学校1年生〜中学校3年生まで
定員:
前後期日程それぞれ18名(先着順)
費用:
52,000円(宿泊費・食費・保険代を含みます。)※交通費別
備考:
NPO法人ファミリーツリーのサイトからお申し込みいただけます。
説明会および報告会を予定しています。
説明会では、昨年度のキャンプのDVDを上映し、スタッフが内容や準備するものなどをご説明いたします。履き物や防寒対策は特に重要ですので、ぜひご参加ください。
報告会では、キャンプの様子をまとめたDVDを見ながらすたっふからの報告と共に家族で語らいます。

お問い合わせ